20万円以下のゲームノートパソコン

MENU

古いのと新しいの、どっちのグラフィックボードを選ぶ?

「高画質でもヌルヌル」にしたい気持ちはわかります。でも定義がちょっと難しいです。軽いゲームなら最高画質でサクサクでも、重いゲームは高画質でカクカクになってしまうからです。

 

だから「最新ゲームを高画質でもヌルヌル」と定義にしましょう。それなら予算は20万円必要です。15万円以上20万円以下ならGTX870MとGTX970Mの高性能グラフィックボードが候補です。どっちか良いか比較してみましょう。

 

GTX870MとGTX970Mはどっちが優秀?

GTX870MはGTX800Mシリーズの比較的ハイスペックなノート用グラフィックボードです。そしてGTX970MはGTX870Mの後継機です。だから当然GTX970Mのほうが高性能です。具体的にはGTX970Mのほうが30%も高性能です。

 

今のところ価格差は25000円くらいです。さて、価格に見合う価値があるのでしょうか。答えは「ある」です。GTX900シリーズは非常に優秀で、デスクトップとの性能差がほとんどなくなりました。だからコスパが非常に良いのです。

 

20万円以下のおすすめノートパソコン

ドスパラ 「NEXTGEAR-NOTE i5710BA1-SP」
GeForce GTX970M 3GB
Core i7-6700HQ
メモリ 8GB

 

ドスパラには15〜20万円のゲームノートパソコンがありません。というかおすすめできるのはG-Tuneからしか見つかりませんでした。GTX970Mを搭載しつつ、CPUとメモリが高速な最新世代です。これならハイスペックなノートPCと呼んでいいでしょう。推奨スペックが高いゲームもサクサクです。

 

もう1つ重要なのがSSDです。120GB M.2 SSDが入っているおかげで、キビキビと動作してくれます。普通のSSDより4倍程度も高速なのが特徴です。ゲーム用としてだけでなく、すべての動作が早くなってくれる大満足ノートPCです。

 

 

G-Tune 「NEXTGEAR-NOTE i5710SA1」
GeForce GTX970M 3GB
Core i7-6700HQ
メモリ 16GB

 

似たようなスペックです。グラフィックボード、CPU、液晶モニタ、ストレージなどは完全に一緒です。唯一の違いはメモリです。こちらはメモリが16GB搭載されています。1つの作業だけなら8GBでも大丈夫です。でもゲームをしながら動画を見たり、ゲームをしながら録画・配信するなら16GBあったほうがサクサクです。