水冷と空冷のメリット・デメリット

MENU

夏にカクカクするなら空冷だ!

ゲームパソコンの最大の敵は熱です。デスクトップでもノートパソコンでも夏に長時間動かしていると、段々動作が重くなってきます。最悪の場合、パソコンがフリーズしてしまいます。

 

もちろんそんなことにならないようにPCケース、CPU、グラフィックボードにファンが搭載されています。ファンで空気をパーツに当てて冷やしているわけです。こういう仕組みを空冷と呼びます。

 

空冷のメリット・デメリット

ほぼすべてのゲームパソコンは空冷です。きっとあなたが今使っているパソコンも空冷です。空冷には価格面のメリットがあります。ファンを搭載するだけで冷えるので効率が良いのです。

 

でもファンにも色々あり、大きい物のほうがよく冷えますし、静音性に特化したものもあります。ゲームパソコンを買う時にカスタマイズ画面をよく見ると、ファンを変更できることがあります。

 

ただ、空冷にもデメリットがあります。それは冷却性能です。空気を当てて冷やす、ということはその空気自体が暑かったら意味がありません。だから夏場はどんなに空冷で頑張っても熱暴走を引き起こす可能性があります。

 

対策としては部屋の冷房をガンガン効かせて、室温を下げるのが有効ですが、電気代が高くなりますし、体にも良くありません。部屋の温度が高いと空冷の限界を感じてしまいます。

 

水冷のメリット・デメリット

空冷はCPUとグラフィックボードに搭載することができます。よく冷えた液体を循環させてパーツの温度を下げます。一般的「水冷クーラー」とはCPUのことを指しますが、最近はグラフィックボード用のも増えてきています。

 

水冷のメリットは冷却の性能です。空冷と比較すると、少なくとも10度は温度を下げられます。だから夏の暑い時期でもゲームパソコンがカクカクすることはなくなります。冷却性を重視するなら水冷がおすすめです。

 

ちなみに「水冷だと音が静かだよ」なんてことを書いているサイトもありますが、あれは嘘です。結局ラジエーターをぐるぐる回して循環液を冷やしているので、ファンが回っているのと大差ありません。

 

ここまで読むと「水冷のほうが良さそうだな」と思うかもしれませんが、必ずしもそうは言えません。なぜなら水冷は空冷よりも高いからです。水冷クーラーを搭載すると6000円くらいは高額になります。

 

でも6000円程度でゲームパソコンの動作が安定するなら安いような気もしますよね。CPUとグラフィックボードの両方を水冷にすると結構高くなってしまうので、CPUだけ空冷にするのがおすすめです。