電源の選び方

MENU

ワット数ではなく80PLUSに注目!

パソコンを自作している人は「電源は大切!」と口を揃えて言います。これは本当のことです。特にゲームパソコンはCPUもグラフィックボードも高性能ですから、電源を大きく消費します。

 

もしも電源が足りなければ起動すらしません。ヘボい電源を使ったら、電源供給が安定せずパソコンの動作が不安定になります。パソコンのパーツが壊れる原因にもなりかねません。

 

ワット数は基準のひとつ

ゲームパソコンの搭載パーツを見ると「500W」とか書いてありますよね。パソコンに詳しくない人は「あぁ、500Wなのね」くらいにしか思わないでしょう。それはそれで問題ないのですが、こだわるならもう少し深く読みましょう。

 

BTOメーカーはきちんと消費電力を計算しているので、初期搭載が500Wならわざわざ交換する必要もないでしょう。しかしもう一歩踏み込むなら80PLUSの規格にも注目してください。同じ500Wでも中身がまったく異なるからです。

 

電源の80PLUSとは

ゲームパソコンに500Wの電源が搭載されているとしましょう。しかし現在80PLUSの規格が必ず書いてあります。80PLUSとは電源効率の品質を表す規格です。80PLUS スタンダード、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナなどがあります。

 

電源効率とは実際にどれくらい電力になるか、を表す指標です。500Wの電源でも500Wの電力にはならないのです。80PLUSの認定が取れている電源は80%以上の電源効率があります。80PLUSの意味は80%以上ってことです。

 

電源効率が低いと同じ動作をさせようとしてもフル稼働しなければなりません。すると余計な熱が発生します。熱暴走は怖いですよね。あとファンもフル回転するので音もうるさくなります。

 

高級は80PLUS ゴールドを使えば、90%もの電源効率があるため、動作に余裕が生まれます。電源がそんなに頑張らなくても充分電力を供給できるのです。熱も低く抑えられますし、音も静かになります。

 

だから静音PCが欲しかったり、ゲームパソコンの温度を低く保ちたければ、80PLUS シルバーやゴールドなどの高級電源がおすすめです。予算によって選び方は異なりますが、少しでも良い電源を選んだほうが後悔しません。