ゲームパソコンとデスクトップPCの違い

MENU

同じといえば同じ、違うといえば違う

パソコンに全然詳しくない人が初めてゲームPCを買う時、色々な疑問が湧いてくるものです。パソコン用語って難しいですからね。欲しいものの名称がわからず、苦戦する人が大勢います。

 

「ゲームパソコンが欲しいけど、デスクトップとは違うんだろうか?」なんて疑問は最もです。一体何が違うのか、できるだけわかりやすく解説していきますね。

 

デスクトップとは箱型のパソコン

まずはデスクトップです。英語で書くとdesktopです。机の上に置くイメージですね。箱型のパソコンがあったら、それはデスクトップです。大きくて、四角ければデスクトップだと思って間違いありません。

 

対極にいるのがノートパソコンですよね。ノートパソコンは小型で持ち運びも可能なものです。デスクトップとの最大の違いは、液晶モニタとキーボードです。ノートパソコンは液晶モニタとキーボードがパソコン自体に一体化しています。

 

でもデスクトップには液晶モニタとキーボードは一体化していません。液晶モニタと一体化したパソコンもありますが、あれはデスクトップではありません。デスクトップは液晶モニタやキーボードが別途必要で、ケーブルと接続して使用します。

 

ゲームパソコンはゲーム用に使うもの

デスクトップの定義ははっきりしていますが、ゲームパソコンはかなり曖昧です。販売者側が「オンラインゲームに適したパソコンだよ!」と思えば、それはゲームパソコンになってしまうのです。

 

つまりゲームパソコンはゲーム用パソコンと言い換えることができます。ゲーム用のデスクトップもあれば、ゲーム用のノートパソコンもあります。「高性能なパソコン」みたいなイメージですね。

 

通常のデスクトップとの違いは・・・

ゲームパソコンの多くはノートPCではなくデスクトップです。ではゲームパソコンとしてのデスクトップと、普通に売っている一般的なデスクトップとの違いは何なのでしょうか。

 

上記の通り、販売者側が決定できてしまうものではありますが、個人的には「グラフィックボード」が明確な違いだと考えています。ゲームパソコンにはグラフィックボードが搭載されていて、一般的なデスクトップにはグラフィックボードが搭載されていません。

 

グラフィックボードとはパーツのひとつです。CPUやメモリと同じようなものですね。その名の通り、グラフィックに関わる性能を劇的に向上してくれます。オンラインゲームや動画再生、画像編集などが主な用途です。

 

一般的なデスクトップにはグラフィックボードが搭載されていないので、高画質な動画を再生しようと思ったらカクカクしてしまったり、オンラインゲームをプレイしようと思っても起動すらしなかったりします。

 

だからゲームパソコンを買うときにはグラフィックボードに注目してください。今はGTX760、GTX770、GTX780、GTX780Tiの4種類が人気です。よくわからなければGTX770搭載ゲームパソコンを選ぶのがおすすめです。