おすすめのメモリ量

MENU

32GBなんて絶対に不要!

パソコン初心者にありがちなのが、「メモリって多ければ多いほど良いんでしょう?」という勘違いです。そりゃまぁ、たくさんあって困ることはないのでしょうけど、無駄になるのでコスパが悪くなります。

 

もしもあなたが動画編集や高解像度の画像編集をするなら、32GBや64GBものメモリを搭載したほうが快適になるでしょう。しかし問題はゲームパソコンです。ゲームパソコンにそんなたくさんのメモリ量は絶対に必要がありません。

 

オンラインゲームだけなら8GBで充分

「オンラインゲームは重い。だからメモリがたくさん必要だ。」という考えが蔓延しているように感じます。オンラインゲームが重い場合は、グラフィックボードを高性能にすべきです。それだけで大抵解決するものです。

 

そもそもオンラインゲームはメモリをそんなに消費しません。8GBあれば充分です。実際、ゲームパソコンってミドルスペックなら8GB搭載モデルがほとんどです。4GBではこれから出るゲームでちょっと不安なので、8GBを選びましょう。

 

マルチタスクを考えたら16GBがおすすめ

オンラインゲームだけなら8GBで充分ですが、実際に普段の作業を考えたらどうでしょうか。例えば、オンラインゲームをしながら、スカイプに接続して、余裕があるときはブラウザで動画を見て・・・と同時に色々なプログラムを起動しますよね。

 

そうなると8GBではちょっと足りなくなるかもしれません。特に最近のブラウザはメモリを大量に消費するため、オンラインゲームとブラウザを同時起動すると、8GBでは重く感じる可能性があります。

 

そこで快適性を重視するなら16GBをおすすめします。G-Tuneで人気のデスクトップ「NEXTGEAR」はメモリ16GBがスタンダードです。ユーザーの快適性を考えてくれている証拠ですね。